医者

大腸がんに負けない健康ライフ【がーんとならないための健康療法】

なるはやで気づく

女性

がんは発症する部位によって名称が変わりますが、名称が変わる以外にも大きな違いがあります。発症する箇所によって転移する可能性が大きく変わってきます。がんが転移する原因として血液があるのですが、リンパ節を経由する事が一番まずいとされています。大腸がんもがんの一種類であり、名前の通り大腸ががんに起こされた場合の名称となっています。大腸がんになると、リンパ節からの転移だけでなく、浸潤などのように臓器の壁を侵食して転移する可能性も高いので注意が必要なのです。大腸の周りにはリンパ節が流れているので、転移する可能性がかなり高いとされています。そのため、大腸がんの場合は早めに治療を行なわなければ命に関わってきますので、早期発見早期治療を心掛けておく必要があります。

血液は私達の身体を隈なく循環しています。毛細血管や静脈、動脈のように種類は異なりますが、身体の隅々まで血液は行き届いているのです。そのおかげで健康的に身体を動かす事が出来ているのですが、血液が全身を巡っている事がデメリットになってしまう事もあります。大腸がんの場合、浸潤によって血液の中にがん細胞が紛れこむと全身に転移する可能性があります。大腸と関係の近い肝臓や肺などは特に転移しやすいのですが、最悪の場合は血液を通って脳や骨などに転移する可能性もあるのです。体内からがん細胞を全て除去するのが完治した証明となりますので、転移するという事態は一番避けなければならない危機的な状況です。大腸がん以外の他の部位もそうですが、セルフチェックなどを用いてなるべく早く症状に気づく体制を整えましょう。それが生存確率を高める簡単な方法となっています。