医者

大腸がんに負けない健康ライフ【がーんとならないための健康療法】

女性特有のがん

女性

無意味ではありません

アメリカでは毎年約2万5000人が卵巣がんと診断されており、その半数は残念ながら亡くなっています。そして、日本国内でも毎年約6000人が卵巣がんと診断され、アメリカと同様半数は亡くなっていますが、最近は発症者数が増加傾向にあると言われています。卵巣がんは、早期発見することが難しいがんの一つでもあります。その理由としては、発症前に検診を受けたとしても、以上が見られることがなく、自覚症状があった場合には既に症状が進行しており、積極的な治療を行うことが出来ない可能性もあるためです。それでも、違和感を感じた時に早期に検査を受けることにより、発見することが出来る可能性もありますので、検査自体は無駄というわけではありません。

見つけることが難しい

卵巣は支給の左右にある親指ほどの大きさにある臓器です。排卵と女性ホルモンを分泌する臓器であり、可動域が広いため、10cm以上の腫瘍があっても気が付かないこともあります。沈黙のがんとも呼ばれる卵巣がんは、自覚症状が乏しいため、体重は変わらないのにも関わらずお腹が出てきたように感じる、下腹部に違和感を感じる、頻尿になるなどの症状があった場合、そして、この症状が2〜3週間程度続くという場合には、婦人科にて検診を受けるようにしましょう。卵巣がんには、進行の早いタイプと進行がゆっくりのタイプがあり、ゆっくりと進行していくタイプであれば、検診で見つけることが可能ですが、そうでない場合には見つけることが難しいこともありますので、注意が必要です。